So-net無料ブログ作成

コンビーフオムレツ [料理]

コンビーフは滅多に買わない食材だけれど父親が好きだったので小さいころはよく食べていた。(つまんでいた。)父親はお酒のあてにコンビーフ缶を開けてつまんでいたのでコンビーフ缶を使った料理を食べた記憶はほとんどない。

先日、雅さんに頂いた沖縄ホーメルのコンビーフハッシュ。
名称には「牛肉野菜煮」とあり、野菜って何が入ってるのだろうと原材料名をみると、牛肉の隣に馬鈴しょと書かれていた。
へぇ~^^
サンドイッチやゴーヤチャンプルー、オムレツ、マーボー茄子と料理の参考例が挙げられていた中、私はオムレツにピンときた。
でもね、ただ玉子と?フライパンで???
なんか違うな。

冷蔵庫を開けて玉子を取り出し、おもむろにオーブン用型を棚から出し、二階のジャガイモ貯蔵場から2つの小さなジャガイモを持ってきて、いざ料理。

DSCN9865.JPG

ここまでは良い。
あとはどう工夫するか?

ジャガイモをすりおろした。
DSCN9866.JPG

コンビーフハッシュには小さく角切りにされたジャガイモが入っているので、それと衝突しない様に形状を変えることにしたためすりおろした。
コンビーフハッシュとすりおろしたジャガイモと玉子をボウルに入れ、牛乳適当量、塩、こしょうと合わせてよくかき混ぜた。

ガスオーブンを180℃20分にセットし、オムレツの具を型に流し込んで、、、、
最後にバターを小さくカットしてのせてオーブンへ!

DSCN9870.JPG

いってらっしゃい。

期待していることは「フワフワなオムレツ」

20分が過ぎてオーブンから取り出した作品。

DSCN9873.JPG

完璧!!!

このまま食卓に運びたいのだけれど、キッチンでちょっとだけカット。

DSCN9875.JPG

きゃ~^^
コンビーフの香りがものすごく食欲をそそるオーブンオムレツ。
ジャガイモや玉子、バターのこんがり、でもジューシーなトロトロ、フワフワ感。
これは甘めの白ワインかな???
とても美味しく出来ました^^
めでたし、めでたし!

雅さん、料理探究心を駆り立てて頂き誠に有難うございました。
そーきにしても、このコンビーフにしてもクォリティの高いものを本当に嬉しく思います。
ごちそうさまでした☆

ake_i ♪

ツナとチーズのホットサンド [料理]

今日のランチは自宅で。
食物繊維たっぷりのブランブレッドという食パンがあったので、ツナ缶をあけて玉ねぎをみじん切りにし少々のマヨネーズで和えたものを一枚のパンにのせる。もう一枚のパンにはモッツァレラチーズをたっぷりとのせる。二枚のパンをトースターでこんがりと焼き色がつくまで焼く。焼きあがったらケチャップをのせて二枚をサンドイッチにしてカットして出来上がり!

先日kuwachanから京都旅行のお土産を頂いた。

DSCN9834.JPG

仙洞御所参詣記念と書かれている御所・離宮限定の御懐紙。
瑞鳥が雅に羽ばたく絵柄。
懐紙といえばお茶席。私は今のところその席には座ることがない。
懐紙は使い勝手がとても良い。書いたり拭いたりと外出先で咄嗟に使えることも知っていたけれど、包むという使い方が気になった。お金を包んで渡す等の使い方だけれど私の場合はそういった場合は前もって封筒に包んで用意をする。和菓子を包めば本来の使い方だろう。
こだわらない、こだわらない^^;
自分流ってアイデア生み出すのも良いんじゃないかなぁ。



今日のランチで使ってみたのだ^^
まず焼き上がりは瑞鳥絵柄面を上にして懐紙をお皿としてパンをのせる。

DSCN9840.JPG

6枚切りの食パンなのでパンを半分にカットしても懐紙を折って包むのはサイズ的に無理。
いつもホットサンドを作った時に厚手のキッチンペーパーで包んで食べる私は今日は贅沢にもこの頂いた懐紙で優雅なランチを過ごそうと思いついた。

DSCN9843.JPG

テーブルに運んでから、もう一枚懐紙を使ってホットサンドを懐紙の無地面に包む。
食べる!
チーズやケチャップが染み出てきても懐紙は手を汚すことが無く食べられる。それくらいしっかりとした紙。
でも柔らかい手触りが嬉しい。
しきたりや形式にとらわれることなくどんどん使わせていただこうと思った^^

DSCN9837.JPG

調べてみると天ぷらなどをのせても良さそうなこともわかったし。
背筋をピンとして頂くことが出来た今日のランチ。美味しかったです。

懐紙を欧米のマダムたちにプレゼントしたらどのように使うだろうな。いささか興味が湧くところ。
私は主に食事の時間に懐紙の出番が多くなる見込みです。
素敵な懐紙をありがとうございました。

昨年からの心がけ。
一日中あわただしく過ごさないように、あせらずに落ち着いて毎日を過ごすように。
健康のための食事作りとゆっくりと読書する時間も。

DSCN9844.JPG


いつだったか?kuwachanから頂いたポーチ。ずっとペンケースとして利用中。下は今日読んだ本。内容はパリのこと。
ポーチと本のデザインがピッタリで記念撮影(^^)v

ake_i ♪

今年はぬか漬けを始めました [料理]

ぬか漬けが大好きだけれど市販のものは発酵の具合が気に入らなかったり塩気が強かったりで年に一度も買わない。
ここ数年、浅草のアルザス料理ジョンティにリュカさんたちと行くようになり、ジョンティの黒板メニューにある「発酵きゅうり」を食べる度に、うまい!!!と感動。

そのうち自分でもやりたいと思い始めたのもきっかけ。アルザス料理の発酵きゅうりはぬか漬けの方法ではないのだけれど、いろいろな加減でジョンテイのものと、とても良く似た味に仕上がるだろうと努力。

昔々その昔、ぬか漬けをしていたこともあり(手伝っていた)その時の感覚が完全に消えないうちに再挑戦したのが五月の末。
ぬか床にする容器も五月末は2.8Lと消極的なサイズのものを買った。
6月6日にジョンティに行って再び発酵きゅうりを頂いたが、自分のぬか床でも手の届くところまできていると実感していた。
その後も熟成と発酵に手間をかけ自分好みの味にしていくうちに容器は手狭になりとうとう先日10Lのホーローポットを買った。

毎日必ず一度はかき混ぜるぬか床。
DSCN9453 (480x640).jpg

かき混ぜ中のぬか床。
棄て野菜には大根の葉や人参の葉の茎等も使用。
ぬか床にはからし粉や唐辛子、きなこもにたっぷりと入ってる。
そんなこんな毎朝、糠床管理も習慣となり前日漬けた野菜がどうなっているかを観察するのも楽しい。

三週間経過して満足できる美味しいキュウリと大根のぬか漬けが出来始めた。

DSCN9454 (640x480).jpg

今朝取り出したもの。

これがあるとお昼、楽!
時間がないときもご飯とぬか漬けだったりするしね。
沢山時間をかけて漬けた野菜は細かく刻んでドレッシングの代わりにレタスに巻いて食べたり、納豆に混ぜてタレなしで納豆ご飯とか^^

乳酸菌と酵母が生き生きとしたぬか床から出来上がる野菜のぬか漬け、こりゃ最高!

DSCN9462 (640x480).jpg


そして今朝ぬか漬けを検索したら「新玉ねぎ」でぬか漬けが出来て美味しいらしいので実験開始。

DSCN9455 (640x480).jpg
どうやら一週間位で美味しく漬かるらしい。
(大きな新玉ねぎのむこうに見えるのが今日新しく漬けた普通サイズのキュウリ。そして生姜。)


10Lのホーロー容器以上の容量にならないように気を付けようと思う。
どうしても糠の管理が出来ない時は容器ごと冷蔵庫に入れられるサイズなのです。

ake_i♪

ささっとタイ料理「豚肉のカリカリおつまみ」 [料理]

タイ料理。
現地で作るレシピとまったく同じ。
「豚肉のナムプラー焼き」
DSCN9017 (640x480).jpg
ナムプラーとニンニクと黒胡椒で豚ばら肉をカリカリになるまで炒める。
余分な油はキッチンペーパーで取り除きながら良い香りを楽しむフライパン料理の時間^^
何枚も何枚もキッチンペーパーで油を拭きながら、どこまでカリカリになるか挑んだ。

DSCN9023 (640x480).jpg
仕上がりにサニーレタスを添えたいところだけれど、白菜の葉の柔らかい部分。
レモンも添えたいが、在庫なしなので、良いでしょう。

朝、ナムプラーにお肉を浸けて・・・・
夕食前にカリカリ焼き作業は缶ビールを飲みながら><;

カリカリって音がする豚肉とガーリックがとっても美味しかった。

ake_i ♪


ポテトチーズ焼き [料理]

年末、箱で買ったじゃがいも。
ちょっと芽が出始めた。
今朝、8個の芋の皮を剥いて、茹でてマッシャーでつぶして、熱いうちに塩とモッツァレラチーズテンコモリを入れて、よく混ぜて、成形。

DSCN8964 (640x480).jpg

フライパンにオイルをしいて焼くのもチーズがトロリとして美味しいだろうけれど、成形後、オーブンで焼いちゃった。

DSCN8969 (640x480).jpg

テンコモリチーズだし、チーズ好きにはたまらないポテト料理だと思うけど(^.^)
ポテトチーズのお菓子みたいな美味しさだった。
じゃがいもが甘かったのだ。

※牛乳や片栗粉、バターなどを入れるレシピもあるけれど、私はひたすらじゃがいもとチーズの粘りで頑張った。なかなか面白い料理。
ake_i ♪


餃子ロール白菜の中華スープ煮込み [料理]

一昨日作った餃子の具が結構な量残り、冷蔵庫チルドルームで保存しておいた。

大きな白菜があったので白い部分を薄く削いで軽く湯通ししてロール白菜の準備^^
DSCN8901 (640x480).jpg
白菜の白い部分が厚いと巧く巻けないので削いで正解。
綺麗にロール出来た。

DSCN8903 (640x480).jpg
鍋にインスタント中華スープを温めて、餃子ロール白菜を入れてコトコトと煮こむこと20分。
(煮込み始める直前撮影)
片栗粉が主張しない程度にトロミをつけて完成(^O^)

中華スープと餃子の具から出るダシが旨いこと旨いこと。
トロリと煮込まれた白菜と餃子の具、中華スープの三味一体、カンペキ!!!!!

ナイフとフォークかな?と思ったけれど、お箸で食べた。
これは本当に美味しかった。
餃子の具が残ったらロールキャベツやロール白菜、これオススメです。



ake_i ♪

スタミナ餃子 [料理]

「スタミナつけなくちゃ!!!」


今日、仕事が終わって真っ先に行ったこと。
ニンニク丸ごと一個と生姜とお肉たっぷりの餃子を作ったよ^^

DSCN8899 (640x480).jpg

昨年末は白菜で作ったので、今回はキャベツを使用。
キャベツ、ニンニク、ネギ、生姜、ニラを黙々と刻む。
小さいサイズの餃子の皮で60個包んだ。



餃子包みは修行僧のようだ(';')



一定のリズムの中、60個も包んでいると途中で木魚の音が鳴ってくる。(たぶん私だけに聴こえる)

焼き上がりは、いつもと同じように焼けた。


「カリッ!パリッ!!じゅーしーーーー」って音。

おわり。
ake_i ♪

ニンジンの仕込みだけ頑張った鍋 [料理]

だいぶ体調が戻ってきたけれど食欲はいまいちだな~。
呼吸器系がちょっと苦しいのがキビシっ。
料理はずっとしてないし@@;しかし野菜をとらなくちゃって思い、今夜は黒こしょうを効かせた白湯スープの鶏鍋。キッチンで白菜の白い部分をトロッとするまでスープで煮込む。
そこに、鶏肉、豆腐、白菜、ネギ、そして人参。
鍋にするとき、人参が厚切りだと火が通りにくいし・・・・

DSCN8891 (640x480).jpg
ピューラーで薄くスライスしてシャブシャブみたいに食べた。
なかなか良いしカットしたものより沢山人参が食べられること発見。

温かい鍋料理が贅沢なものが入っていなくても身体を安定させてくれる気がする。
がんばろーーーー。

朝、うちネコ・マリアは全豪オープンテニスを観ていたらしい(笑)

DSCN8843 (640x480).jpg

錦織圭、初戦突破!嬉し(^^)

ake_i ♪

本生まぐろのカマ焼いた [料理]

昨日、夕食どうしよってことで仕事の帰り、百貨店B1の食品売り場。
なんでもいいや~と思いながらも魚屋ふらつく。

DSCN8556 (600x450).jpg
私は見た!
価格は百貨店価格。
滅多にお目にかかれない本生マグロのカマだ。
思い切ってお買い上げ><

DSCN8557 (600x450).jpg
メキシコ産だけれど本マグロの生のカマ。(の一部を撮影)
塩焼きしかないでしょ!
ガスオーブンが一昨年、我が家に来てから、このような巨大カマも楽々焼けるって。

焼いたわよ!!!!!!!”
DSCN8560 (600x450).jpg
ほっくほくに焼き上がり!
大根を一本おろして、焼けた本マグロのカマ焼きを口いっぱいにほおばった。
ほほ肉、目のまわりのひきしまった部分、胴体につながるコラーゲン豊富な部分、もちろん大トロの部分は最高級。

飲みたくなくても飲みたくなる料理。
いや、まいった。旨かった。ake_i ♪




うちの白菜で「生ハムと鶏の白菜包み蒸し」 [料理]

今朝も一昨日うちの畑でとれた白菜が気になった><
勝手口のドアを開けて白菜に「おはよ!」と声をかけるだけのつもりだった。
でも、衝動は止められず白菜6枚をキッチンにお迎えした。
DSCN8138 (600x450).jpg

さて、どうするか?
冷蔵庫の中から生ハムと鶏の胸肉を取り出す。

DSCN8139 (600x450).jpg

生ハムは、イタリアの「プロシュート18か月熟成」と同じくイタリアの「サンダニエレ プロシュート」をチョイス。
パックを開けてみたらそれぞれ二枚。
白菜を6枚用意したから、もう一度冷蔵庫を開けて、フランスの「ジャンポン ド バイヨンヌ」というものも用意。これで生ハムは6枚になった。
鶏胸肉は縦に6等分し塩コショウと白ワインでソテー。

生ハムとソテーした鶏胸肉を茹でた白菜でロール^^
DSCN8144 (600x450).jpg
楽しいな~♪

生ハムの種類が違うので、わからなくならないように分別。
DSCN8145 (600x450).jpg

蒸し器で15分蒸す。

DSCN8150 (600x450).jpg

この間、ソース作り。
またまた、さてどうしよう???
冷蔵庫を開ける。
「トリュフのチーズ」が残ってる。

DSCN8152 (600x450).jpg
大盤振る舞いで100gちかいトリュフチーズを鶏胸肉をソテーした鍋に投入。

DSCN8154 (600x450).jpg
チーズが溶けてきて、味を確かめたら、もうこれ以上何も加えなくても美味しいソースが完成。

時間が経過し蒸し器の火を止め蓋を開けると、生ハムと鶏胸肉を巻いた白菜が透き通って美しい姿をみせてくれた。
DSCN8155 (600x450).jpg
よし、これは成功だ!!!!!

お皿にトリュフチーズのソースを敷く。
DSCN8157 (600x450).jpg

そして、生ハムと鶏の白菜包み蒸し、鎮座。

DSCN8159 (600x450).jpg

手前から「プロシュート18か月熟成生ハム」「サンダニエレ プロシュート」「ジャンボンドバイヨンヌ」の三種生ハム。
これ、不味いわけがないでしょう。
手間がかかったけれど、野菜に愛情を持ってしまうと自分の時間も惜しむことなくキッチンに立つことになる。
今夜はちょっと良い白ワイン飲んじゃった。

DSCN8160 (600x450).jpg
「Soooo GOooooD」!(^^)!
意外にも三種の生ハムによる味の違いがはっきりとわかり、何しろ美味し過ぎました。
ごめんなさい。

※この白菜の包み蒸しは、今月妹と行った隠れ家的レストランで頂いた広島牡蠣を白菜で巻いた料理からヒントを得た。

ake_i ♪






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。