So-net無料ブログ作成
ふらり旅 ブログトップ

木内惣五郎「宗吾霊堂」に行ってきた [ふらり旅]

天気が良い、ピアノ弾けない、家のことほったらかす!と決めたら出かけるわ。
目的地は、「千葉ニュータウン方面へ買い物」+「まだバラが咲いてない京成バラ園見学」だったけど。
ナビに誘導してもらいながら車を走らせ、見つけたところ。

DSC_1206.JPG

前から気になってたけど、今日は車を駐車場にとめ拝観してきた。

佐倉惣五郎(本名木内惣五郎)という割元名主の刑場跡に埋葬された宗吾とその子4人のお墓がある「宗吾霊堂」。

境内を歩いて目に入ったのは骨董市。
DSC_1200.JPG
目の保養しました。鉄瓶など時代を感じるものが多々。値段は高め。パス。

DSC_1202.JPG
この時はまだ詳しく知らないでお参りしてたけど、

宗吾御一代記念館に入って、宗吾の艱難辛苦を音声ガイドと13シーンにわたる再現パノラマを見始めてすぐに吸い込まれた。
「なんてことか・・・これだけ世のため人のために自分を犠牲にし、佐倉領民は塗炭の苦しみから救われたのに。処刑され、お子様4人も打ち首。」
ことばもない。腑に落ちない。正しいものが処罰、どうして?。

DSC_1205.JPG
(本堂側からみた仁王門と植木の様子)

宗吾の遺品や関係文書なども観てきた。

印旛沼をこれから通る時、渡し船で宗吾が上野東叡山寛永寺へ四代将軍徳川家継に直訴しに行ったシーンが頭に流れる見込み。今生の別れ!と妻に離縁状を渡し、人のために自らを犠牲にし、すごい人だ。

お寺の入り口にあったもの。思わず自分のために撮ってきました。
DSC_1199.JPG


まだまだこれからもブツブツ言ってるだろう私。
全然、だめだわ、


・・・・・・・・・・・・・

このあと、予定していた買い物のために千葉ニュータウン中央方面へ向かったのですが、昼食後、買い物の目的もほとんんど果たさず、バラ園に寄ったけど、物欲は捨てた。さっさと帰宅し、いつもは家族にまかせっきりだった庭の草取りを自分で行いました。
あー、つかれた。 あー、幸せだ。
ある意味、今日の宗吾霊堂に足を運んだことによって気持ちの浄化と整理が知らずに出来たみたい。そして、宗吾霊堂にいたときには感じなかったけど、なんて気持ちの良い空気が流れていたところだろうって草取りをしながら一日を振り返ってました。

DSC_1203.JPG

ake_i ♪
nice!(16)  コメント(7) 
ふらり旅 ブログトップ