So-net無料ブログ作成
検索選択

軟骨そーき丼 [フード]

いつも身体に良いものを食べるように心がける。
今日の家ランチは、軟骨そーき定食にしよう!!!

DSCN9850.JPG

レトルトパックを袋のままお湯の中にいれて温める。
ご飯は塩コンブを混ぜて昆布ご飯。

DSCN9863.JPG
(現在ハマっている塩コンブ。くらこん。)

三浦大根と鶏手羽をコトコトと煮込んで作った塩味のスープ。
(三浦大根は煮れば煮る程に旨みが出る。これホント!)
あとはヒジキとえのきだけ、豚ハツをさっと炒めたもの。
十分だ!

温まったレトルトパックからお皿に軟骨そーきを盛り付けると一緒にごぼうがゴロゴロと出てきた。
DSCN9856.JPG
底にたまっているスープの美味しそうなこと^^

これは塩コンブご飯にのせて、丼!

DSCN9858.JPG

軟骨そーき丼の出来あがり。
めっちゃ美味しかったです。
そのまま食べてももちろん美味しいのだけれど、この甘辛いタレの香りが漂ってきたとき、「丼!」と決めました。塩気ある昆布と甘辛が絶妙に合いました。沖縄そばにソーキだけれど、ご飯にも合うぞ。

雅さん、手軽で簡単、美味しいスペアリブを有難うございました。

これで私の軟骨も強化される。良い食べ物はありがたい!

先日のオフ会で雅さんからの沖縄土産「沖縄食セット」

DSCN9846.JPG
軟骨そーきは食べちゃったけれど、あとの品々もじっくりと味わわせていただきます^^

ake_i ♪

勝浦式坦々麺「江ざわ」に行ってきたよ [フード]

DSCN9216 (640x480).jpg

二月の末のある平日の一日。
一つ大きな任務を終えてホッとした休日だった。
予定を特別に立てていたわけでもなく天気も曇り。
さて、どうしよう?
ということで、昨年勝浦のビッグひなまつりに出かけた際、次回は勝浦式坦々麺の元祖!!!のお店に行ってみたいと思っていたことを思いだして車を走らせた。
この時のブログに今回出かけた「江ざわ」のことが書いてある。
なんていう執着心と自分でも苦笑い。

朝市にも顔を出したのだけれど何しろ出発したのが遅くて朝市の店はほとんど終わってた@@
店じまいしていた二軒のお店で、かつお刺身の巨大サクとか、朝採れたてひじきとか、買って、海岸を観ながらスマホナビ目的地を勝浦式坦々麺元祖「江ざわ」に設定。
勝浦の駅からは相当離れた場所にある。時間は13時をとっくに過ぎてた。

県道をはずれて左折!とナビが言っているので左折。すると民家はポツポツあるかないか。
そんな中に「江ざわ」を発見^^

DSCN9222 (640x480).jpg
「お腹空いた~」
でも駐車場は満車。おまけに店先に人が並んでる。
ノートに名前を書いて椅子に座って待つこと30分以上。
私はこういうとき、並んだからには待つタイプ。津軽魂なのだ!!!
店の中は坦々麺を待つ人たちが天井を見上げていたり、美味しそうに食事をしている人がいたりと気になる。
坦々麺を食べている人もなかなか食べ終わる気配がないのと、着席してもなかなかラーメンが運ばれない様子。
丁寧な仕事をしているのだろう。
と解釈。

14時近くに名前を呼ばれて店内のテーブルに着席。
私は決めていた!
「担担麺の中辛!」
普通でも相当辛いみたい。

待つこと20分くらいかな~???

DSCN9218 (640x480).jpg
2009年にNHKの夕どきネットワークで観て以来、これで4度目になる勝浦式坦々麺。
2009年に初めて勝浦坦々麺に挑戦したときのブログ「2009年8月31日」

今まで主に勝浦駅付近、朝市から歩ける範囲のお店で食べることが多かった。
それも美味しかったのだけれど、創業29年、勝浦式坦々麺の元祖、それがこれなんだ~と感慨深かった。

真っ赤なスープでびっくり。
スープをまずひと口。
辛くてむせそうになったけれど、ダシが見事に美味しい。
麺はやや細麺。スープによく絡んで旨い。
坦々麺というと味噌ベースが主流かと思っていたけれど勝浦式はごま風味の醤油ベース。
醤油スープにどれだけラー油を使っているのか、辛党の私は舞い上がる(^_-)

DSCN9219 (640x480).jpg
熱いのと辛いので一気には無理だけれど、こういうことで着席してから食べ終わるまで時間がかかったことも自分が待ち時間にはわからなかったことだ。
本当にハマった「江ざわ」の坦々麺。
汗が顔から頭から噴き出るため、ハンカチは絶対必要。運動しているときより汗が凄かったよ。

私が着席してから、そして食事をしている間もお客さんは次から次へと並んでいた。
びっくりだな~、こんな交通の便も正直良いとは言えない場所に続々と並ぶ人たちを見ていた。

丼は空に近づいて、スープに沈んでいるひき肉や玉ねぎも美味しいので最後までしっかりと食べた。
勝浦の坦々麺を食べるなら本物はここだ!と大きな声で言えるな。

ふぅ~と安心深呼吸をして店を出た。
近くにあると地図で見ていたところに向かった。
宇宙人と交信できるかと期待(笑)

DSCN9224 (640x480).jpg

車を門近くまで走らせると

DSCN9223 (640x480).jpg

しばらく工事のためお休みだとさ。

で、大原方面のお気に入り産地直送野菜ショップに向かった途中、大原駅前交差点で見たもの。

DSCN9225 (640x480).jpg

3月8日は外房いすみ蔵開きだそうで、木戸泉酒造の酒蔵前で激写。
あああ、蔵開き、行きたいな~。
いすみ市にはチーズ工房がいくつかあるらしく絶品だと噂は聞いていた。なんとそのチーズと木戸泉のマリアージュも楽しめるイベントらしいし。
明日・・・・行けません。

元祖勝浦式坦々麺「江ざわ」

外房いすみ酒蔵開き「木戸泉酒造」

というわけで、勝浦の坦々麺を追い続けて6年目。
なんてこっちゃ\(◎o◎)/!
今日は無性に木戸泉が飲みたくなった土曜の昼間だったりする。
ake_i ♪

築地「丸竹」の厚焼玉子を買ってきた [フード]

どうしてもだし巻き玉子が食べたくなり、自分で作るのは時間的に厳しいため買ってきた!
DSCN9198 (640x480).jpg

いろいろな玉子焼きが売っているものだな~と売り場を眺めていたけれど、原材料表示を見ると買いたい玉子焼きは決まる。
値段もそれなりに良いが、かつお節だしや昆布だしが表示されているものを選んだ。
安いものは、こういったダシが表記されていないものもある。
ただ甘いだけの玉子焼きは苦手なので、どうしてもダシにこだわる。

「丸竹」というお店の商品。
東京都中央区の築地四丁目にお店があるらしい。
そして驚いたのは、演出家テリー伊藤さんのご実家でもあるということ。
「へぇ~。」

包丁で切ってお皿に並べて軽くレンジで温めて食べた。
だしのきいた「だし巻き玉子」!!!には、もちろん大根おろしを添えて。

DSCN9200 (640x480).jpg
日本酒のぬる燗が合うようだ^^
家呑みなのに、進んだお酒。
ま、二合くらいだけれどね。
甘さはあるものの、市販でこれだけダシがきいていれば私はOKの玉子焼きだった。
美味しかった。

この玉子焼きを買ったスーパーはいつも行くお店。
月に一度、奄美大島産の本マグロを解体しながら販売したり、松坂牛を一頭買いして販売するサービスデーもあったりする。昨日は、偶然松坂牛一頭買いセールをしていた。
お肉を買っても料理が出来ないなーーと思いながら店内を歩いていて見つけたもの。

松坂牛メンチカツ!!!揚げたて!!!
人気なのか、店員が一個ずつ並べているそばからお客はパックに松坂牛メンチカツを入れていた。
ぼんやり見ていたらあっという間に残り3個になっちゃって、慌てて自分のメンチカツをパック。
セーフ(;O;)

DSCN9204 (640x480).jpg
普通のメインディッシュを盛りつける和食器にのせたが、はみ出る。

半分に切ってトースターで温めて熱々を頂いた。

DSCN9206 (640x480).jpg
松坂牛を使用しているからか、お肉の脂の甘みがとっても濃いメンチカツ。
お肉も玉ねぎもたっぷり使用されていて、値段としては税込200円くらいだけれど支払う価値は十分だ。
これはクセになる!
コロッケやメンチカツ、私はソースを使用しないで食べる派。
松坂牛メンチカツ、これは断然ソースなしで食べるべき。本当にジューシーで味が良い。
これも日本酒に合ったな~(笑)

野菜料理は、大根煮、大根の葉のお浸し、ごぼうなどの根菜野菜中心のけんちん汁など自作手料理。
忙しいときに作る料理、自分でがっかりすることも多々ある最近。
スーパーに行って美味しいものを探している時間、これは私にとって、とても楽しい時間だわ。

ake_i ♪



有楽町産直飲食街ぶんか横丁「貝〇」(かいまる)+デリバリーでお肉 [フード]

帝国ホテルでウィスキーを嗜んだ後、徒歩で向かったお店。
昨年末、リュカさん、kuwachan、雅さん、kouさんと忘年会で行った有楽町ガード下にあるお店「貝〇」(かいまる)!
有楽町産直飲食街ぶんか横丁という7軒の店が集まるガード下だ。
その中の一軒、それが「貝〇」。

お店に到着したのが15:18。
それでも店内はとても賑やかだった。
バレンタインデーだからかな?
忘年会の日よりも断然お客さんが多かったのにはビックリ。
「今日は混んでいるからオーダーしても料理が運ばれるのが遅くなるけれど、良いですか?」と聞かれたけれど、問題なし!
入口に近いテーブルに案内されて4人で着席。
「なんか落ち着くね~^^」とリュカさんと私。
貝〇は、これで二度目なのに不思議と安堵感だった。

DSCN9160 (640x480).jpg

厨房方向を撮影。

さて、飲むか~。

阿吽で坦坦麺を食べていた時にビールを我慢していたので、まずはビールでしょ^^

DSCN9165 (640x480).jpg

4人のビール飲みペースは超特別快速並!

メニューからそれぞれ食べたいものを頼む。
貝〇での撮影は極めて少なかったのも、私としては完全にOFF状態で過ごしていた感じがする。
その中でも記憶に残っているもの。
・アジなめろう
・生ホヤ(刺身だったか?)
・白子ポンズ
・あん肝ポンズ
・本マグロ刺身
・マテ貝蒸し(違ってるかもしれないけれど)
・四万十川の青のり天ぷら
ここまでの料理、一枚も写真がない@@;

そしてお酒の写真も一枚もないのだが、揃って広島の「竹鶴」を飲んでいた(はず)。
これ、美味しい日本酒だよな。
料理にもぴったりとあって最高だ。

メニューからkuwachanが「これ、食べましょうよ~^^」
DSCN9168 (640x480).jpg
・カキの缶々蒸し

すごい、ダイナミックだ。
でっかい缶に大きな大きなカキがゴロゴロと入っていて、軍手も人数分運ばれてきた。

DSCN9175 (640x480).jpg
熱くて軍手なしでは触れない状態。


妹が食べた2個のカキはとても身がふっくらとしていたので激写!
DSCN9178 (640x480).jpg


ここら辺でも日本酒の注文は止まらない。(私だけか?いや違う)
話題も、熱く、止まらない(笑)
泣きそうになるくらい私は楽しかった。

DSCN9181 (640x480).jpg
小休止だったのか、漬物盛り合わせの写真が入っていた。
ここで終わってもよいはずが、違う。

DSCN9187 (640x480).jpg
・ウニめしおにぎり(大きなサイズ、一人一個)
黄色く見えるのは、ウニ蒸し。
めちゃくちゃ美味しかった。

DSCN9189 (640x480).jpg
ワカコ酒を観なさいというリュカさんからのご案内があり、先週から観ているのだが、2月19日放映予定の内容が、「ダシ巻き玉子」というタイトルだということを思いだし、ここは貝のお店「貝〇」なのに「ダシ巻き玉子」を注文。
私は外食で「ダシ巻き玉子」を頼んだことがあっただろうか?
フワフワでダシがよくきいて、本当に旨かった。
恐らく、これで一合は飲めちゃった。

これで終わりかと写真を整理していたら、
DSCN9191 (640x480).jpg
・むきたてカキフライ(たっぷりのタルタルソース付)

この後、お肉の串焼きを近所のお店からデリバリーもしてもらってた@@;
ただし、こんな大事なことがあったのに写真がないの。
豚だったか?牛だったか?
さすがに記憶から消えている。
何となく、豚だったのではないかと舌が記憶はしているのだけれどね。
豚だったら東北「むつ味」
牛だったら「牛〇(うしまる)」と、どちらのお店も有楽町産直飲食街ぶんか横丁の中にあるお店なのだがブタかウシかでお店は違うのだ。
このブログを書いている19日にリュカさんに質問したけれど、覚えてないって。
お店出るときに串焼きを持って(正確には串焼きをくわえながらと、ご本人は表現してたが。)お店を出たことだけは覚えているそうで(笑)
程なくkuwachanからデリバリーを「頼んだお店は牛〇の串焼きセットよ^^」と連絡がきた。
というわけで、証拠写真はないのだけれど「貝〇」で「牛〇」のお肉を配達してもらいました。
豚じゃなかった、そしてkuwachanは、お肉の串焼きをちゃんと撮影していたと!


なかなか有楽町産直飲食街ぶんか横丁は面白い一帯だな。

しっかし、よく食べた。

夜の戸張はいつ降りるのか?

DSCN9184 (640x480).jpg
以上、カメラに入っていた順番で写真を掲載したのだ。
湯島の阿吽、11時ちょっと前から始まったカメラの撮影は、18時過ぎで終わっていた。そして帰宅したのは23時30分だった(;O;)

一日、よく笑った!!
今年始まって以来、一番大笑いした日でもあった^^

2月14日の出来事ブログは長くなりましたが、完結。
また楽しいことがあったらブログ書きまっす。
ake_i ♪

湯島の阿吽で担担麺食べてきたよ [フード]

本来は先月のイベントだったはずの湯島にある「阿吽(あうん)」で担担麺を食べる会。
私がこの店の担担麺に興味を持ったのは本格四川担担麺ということから。
しかし先月の約束当日、私は朝方に39度超える高熱を出してしまい、延期になった。
やっと行けたぞ、2月14日。貴重なoffの一日^^

朝9時半過ぎ、自宅最寄駅から電車に乗る。
二つ目の駅から妹が乗ってきた^^
妹はリュカさん、kuwachanと共に会食?飲み?は初めて。
私の過去いくつかの演奏会会場で同じ空間にいたのは何度かあった。

さてさて、いくつか電車を乗り換えて、リュカさん、kuwachanとの待ち合わせ御徒町までまっしぐら~。

11:00ちょっと前に!!!
駅の改札にて4名集合。

歩くこと5分くらいだったかな。
第一目的地、到着。

DSCN9113 (640x480).jpg

すでにお客さんが並んでいた。
私たちも列に並ぶ。

開店と同時に着席出来ることが出来た。
一時間くらいは並んで待つことになるだろうと、ホッカイロを厳重に装着し寒さ対策万全で望んだこの阿吽。
待たずにカウンターテーブルに着席出来たことはラッキー!

食券を買って、カウンターでジットガマンしながら担担麺を待つ。
私とリュカさん、妹は4辛。
kuwachanは3辛。

DSCN9109 (640x480).jpg

この日デビューした私の連れ子、しろたんとリュカさんの連れ子、コロルくんの初対面も果たせた(笑)

DSCN9111 (480x640).jpg

4名分の担担麺がテーブルに並んだところ。
以前からリュカさんのブログで気になっていた担担麺。
早速、頂く。

DSCN9112 (640x480).jpg
以下、私の音量極少つぶやき。。。
「うまい!うますぎる!」
「濃厚なスープ!麺をからめて食べても、その都度スープを口に運ぶ。やめられない。とまらない。」
「何と言っても、花椒のピリピリ感がたまらなく旨い!次は100円追加して5辛にしてみたいぞ!」
「ごはんが欲しくなる、いや、ビールが飲みたくなる!」
「しかし、次から次へと並ぶお客さんがいるため、ガマン。」
「丼の底にある濃厚命部分スープ、こりゃしっかりと飲み干しだよね」

本当に旨かった。
私の左隣のお客さんは、汁なし担担麺をオーダーしていた。
次回は、汁なし担担麺、是非とも食べたいと思った。

このお店、病みつきになる、いや、なってしまった。
阿吽の担担麺

バレンタインとは無縁の私だけれど、今年の2月14日は天使が私に楽しいプレゼントをくれたようなぶっちゃけ楽しい一日だった。BGMに流れる静かな音量のジャズもなぜか担担麺を頂く程よいリズムが出来て、センスも良い。


この4人で11時から始まった集会は、これで終わるはずがないのだ。
強烈な女子会だった。
続きもかなり濃厚なのです。
つづく。はず・・・・
ake_i♪

バーミヤンの餃子テイクアウト [フード]

あははは@@。
せっかく発熱で休養期間があったのにもかかわらず、
すでにコンディションは悪状況。
仕事って、結果を出すために費やす時間。
プレッシャーの連続。戦うよな。
ま、ブツブツとブーたれることは、これでオシマイ。
ここ数日、仕事で使い果たしたアタマとメンタルは、今日夕刻以降、復活せず・・・・・

DSCN8991 (640x480).jpg
バーミヤンでお食事をテイクアウト。

・麺飯
・餃子↑
・からあげ
・ホイコーロウ
・豚肉タマゴ
の五品をチョイス。
家の食卓で食べる夕食が一番、精神安定となる最近。

今はこれで良いのだ!!!


錦織圭選手はベスト8で敗退。
彼が次につながる何かをつかんだと信じて・・・・

DSCN9002 (640x480).jpg
マリアは額のあたり、汗だくで応援。


勝てない相手は、もういない!と自分にも言い聞かせて地道な仕事を続けて行こうと思うけど・・・。
自分自身、楽しいことが次にいつ来るのか!!!!(;O;)
今になって思う。
人間休息が必要なときは必ず神から与えられるのだ!
って、か~(・_・)

バーミヤンのテイクアウト料理に至極の幸せを感じた夜のブログ。
あああああああ、ちっちゃいな~><あたし。
運気は上がっているハズ!!!
ake_i ♪

PABLOの焼き立てチーズタルト [フード]

3日。
夕食どうしようかな?
と、野菜料理だけは何とか頑張って・・・

と、ちょうど良いタイミングでPABLOの焼き立てチーズタルトが登場!
レアとミディアムがあるようだが、この日はミディアム。

DSCN8228 (600x450).jpg

何かしらのメイン料理と合わせる予定だった白ワインはスイーツとの饗宴になった。


DSCN8227 (600x450).jpg
ふわとろ感がたまらん。甘すぎず、クリームチーズとパイ生地のコンビは最高だ。
そしてワインはクレジットカードのポイントでゲットした赤白泡の6本セット。

めでたし、めでたし(^O^)

夕食。
元旦は買ってきたお寿司。2日はバーミヤンのテイクアウト料理。3日は↑。今日は鍋@@;
全然料理してない~~~。ムリしてない~~~(笑)


ake_i ♪

炉端「貝〇」焼き魚~亀の手編 [フード]

有楽町ガード下炉端「貝〇」(かいまる)での忘年会の続き。

貝と地魚の豪快盛り合わせなどを頂きながらビールの次に飲んだお酒。
DSCN7964 (600x450).jpg

広島の日本酒。それも「竹鶴」純米酒。
「まっさんだーー!!!」
DSCN7963 (600x450).jpg
説明にも書かれているように熟成にこだわり抜いているというしっかりとした味の濃い旨い酒だった。
何しろ昼間からなので私はかなりチビチビと飲んだ。


今、NHK朝の連続ドラマ「まっさん」では、ウイスキー醸造そしてその後の熟成にこだわるまっさんの細かな心情が現れてるまっただ中。毎日、放映を観ることは出来ないけれど、今は目が離せない。

さて、赤身まぐろで盛り上がったところまでは昨日のブログで書いた。
前後はするけれど、他に印象的だったメニュー。

DSCN7961 (600x450).jpg
かつおのハラス焼き。
これ、引き締まった身が大変美味しかった。お箸で切ることが出来ないくらい弾力性に富み、味もかつおの旨さが凝縮された部分だと思った。ナイフとフォークがなかったのでkouさんにお箸で切断してもらって食べた。
合わせて、白いご飯が欲しくなったことも付け加えておく。

次に仰天旨さだった四万十川の青のりの天ぷら。
DSCN7969 (600x450).jpg
磯の香っていうイメージもあるのだけれど、私は牡蠣の風味を感じた^^
のりなのに、牡蠣風味。牡蠣は海藻を食べてるんだものね。
四万十川は行ったことがないけれど、きれいな水なんだろうな~。

壁に掲示されているメニューも目移りしてしまいそうだったし。
DSCN7968 (600x450).jpg
右端にあるねこまんま。どういう見せ所があるんだろう?とか。

かつおのハラス焼きが美味しかったことから、焼き魚にも挑戦。
大きなおおきなホッケの開き。
めっちゃデカかったし、脂が豊潤で参った!
DSCN7973 (600x450).jpg
これは全員でシェア!
この骨は雅さんがちゃんと食べてたし^^
骨の回りが美味しいんだよね。

この後の画像3枚は人生でこんなものを撮影することがあるとは思ってもいなかった。

雅さんがオーダーしたもの。
DSCN7975 (600x450).jpg
珍味「徳島産亀の手の塩ゆで」。

はっりゃ~、何じゃ、これ?????


瀬戸内海周辺でよく食べられているらしい。

熱々のスープから亀の手をお皿に取る。
DSCN7976 (600x450).jpg
その後、この手を解体するのだけれど、熱くて@@;

雅さんは普段から亀の手を食べているのか、ササッと身を取り出して食べた。
美味しそう!
見慣れない食材に拒否反応するタイプではなく、積極的なほうでこういうシーンは大好き(笑)
と言いながら恐々と一番小さい亀の手を選んで解体して食べた。
うま~~~~い!
なので二つ目は一番大きな亀の手を選んだ。
大きな亀の手をお皿に取り、解体しようと思ったら、もっちりとした身が詰まっているようで解体に手間取った。「ムリだ!」と断念しそうになったとき、隣にいたkouさんが可食部を取り出してくれた。thank you^^

一番大きな亀の手の身、こりゃ、高級食材のなにがしより断然旨い。コラーゲンも相当量だろう。
笑いが止まらなかった。

このあと今年の最大衝撃画像として私はカメラにおさめたものがある。

亀の手の器も空になり、個々の皿に中身をきれいに食べ尽された亀の手の先端があった。
恐竜大好きリュカさんは微笑みながらネイル保護カバーとして身に着けた。
このネイル保護カバーが似合う女性はリュカさん以外に存在するとは思えない。




DSCN7979 (600x450).jpg

縁起の良い亀。
鶴は千年、亀は万年と長寿の象徴でもある。
年の瀬に縁起良い亀写真が撮れて良かった。来年も安泰だ!!!
なんかな~、これ以上書けば書くほどツボにハマってしまいそうで。


亀の手.jpg
(↑お店のHPにこんな写真があったのでのせておく^^;)


DSCN7981 (600x450).jpg

会話はいつもと同様に延々と続いた。本当に楽しかった。
どして、こんなに喋ることがあるか?と思うほど、今一人でブログを書いていると切に思う。

※炉端「貝〇」(かいまる)の記事はこれで完結です。
ake_i ♪



炉端「貝〇」(かいまる)赤身刺身編 [フード]

DSCN7942 (600x450).jpg
東京駅開業100周年だった12月20日。経由駅東京駅構内にこのようなポスターが沢山あった。
山手線に乗る階段の脇にあったものを記念撮影。
東京駅構内の人混みをかき分けて山手線に乗り換え有楽町下車。

12:30から,
リュカさん、kuwachan、雅さん、kouさんとの忘年会なのだ。

集合時間15分前に有楽町駅でリュカさんと待ち合わせ。
有力なナビ、そして私の心理・心境を瞬時に直球で受け止めてくれる心強いリュカさん。thank you~。
そして12:30。
貝〇の看板を見つけたと同時に、温かくもあり清々しさも多分に持ち合わせた微笑みを持ち、その笑みに私は思わず安堵してしまうkouさんがお店の前に登場。頼もしい。


DSCN7944 (600x450).jpg

これお店の看板。
「貝〇」(かいまる)という有楽町ガード下にある店。

DSCN7946 (600x450).jpg
いつだったかテレビで観て、行ってみたいと思った。

DSCN7949 (600x450).jpg
私の勝手なお願いで9月に今年の忘年会は炉端貝〇でということにして頂いた。
予約等はリュカさんにお願いした。


kouさん、リュカさん、私の三人で店の看板等を撮影し、入店。

DSCN7950 (600x450).jpg
とりあえず、三人でビールを頼む。
頼んだらすぐに和やかなムード満載、明るい笑みと朗らかな口調でkuwachan登場^^

雅さんは事前に遅れて行きますの連絡をもらっていた。
ちょっと淋しかったけれど、給湯器の交換工事があると聞いていたので、冬本番のこれからは給湯器元気じゃないとね~。
雅さん登場までの間。
DSCN7954 (600x450).jpg
お通しの貝食べてビール飲んで、ペチャクチャしゃべって^^

DSCN7956 (600x450).jpg
うにの天ぷらがまずオーダーしたメニューで最初にやってきた。
抹茶塩で食べた。
うにの天ぷらは口にすると「うに~♡」
これは自宅では料理出来ないな。

DSCN7958 (600x450).jpg
鯵のなめろう。
良い感じ!(^^)!

DSCN7959 (600x450).jpg
事件はここから起こる。

手前にある赤身の刺身。
何だろう、これ?
4人で「食べ終わるまで、これが何の魚か、その名前を言うことをストップよ。」
私はこの赤身の刺身を口にし、食べ、食べ終わったときに、
まさか、これを「まぐろ」という人はいないだろうと確信を持って背筋をシャンとした。

せーーーのぉ!!!!
4人で答え合わせ。

私とkouさんは「かつお!!!!!!!」
なんとリュカさんとkuwachanは「ぜったい、まぐろぉぉぉ!!!!」

どういうことなんだろう。
すぐさま、店員さんを呼んだ。
「この赤身のお刺身は何ですか?」
返答。
「まぐろです。」
「まじぃーーーーーー?????」
「本日、かつおは入荷しておりませんので。」

あじゃ====@@;

信じられなかった。マズイとかそういう問題ではなく、かつおの味と食感だった。
kouさんも断じて「これは、かつお!」
リュカさんとkuwachanは、「ぜったいに、まぐろだよーーーーー!」

しばらくして私は料理場に行った。
「あの~、とっても美味しかった赤身の刺身、あれはまぐろなんですよね。」
「はい、そうです。生の赤身まぐろです。」
と目の前にその魚が入った箱があった。
「すみませんが見せて頂いてよろしいですか?」
私は見た。かつおの皮はついていない。明らかにまぐろだ。

DSCN7960 (600x450).jpg
他にも美味しい貝のお刺身を楽しみながら、私自身悶々としていた。
そうだ。
まだ来ぬ雅さんに、意見を聞こう。
14時過ぎだったであろうか。やんわりとした雰囲気なのに突込みも想定外のハイレベルな雅さんが、素敵な冬のセーター、思うにアルパカ素材とか?で登場^^
これで全員集合。
雅さんがビールなどをオーダーしている間に、私はこっそり店員さんにお願いをした。
「さっきの赤身のお刺身を、全部で6切れください。」

雅さんに話した。
「これを食べて、何の魚と思うか、答えて良いタイミングOKサインが出るまで答えないでね!」
そしてその赤身魚の刺身がテーブルに来た。
雅さんはとりあえず一切れ食べ、何かしらの反応を示したが、魚の名前を口にしてはなりませぬ。
私たち4人は、答えを知ってはいるものの、一切れずつ赤身の刺身を再度口にした。
雅さんは、二切れ目も食べ、いよいよ魚の名前を言うお許しの時間がきた。

「これ、かつおでしょーーーーーーーー!!!!」
と雅さんは言った。
私は二度目のこの刺身を口にした。それでもしつこく「ぜったいにかつおだ!味が、香りが食感が!!かつお!!」

なんて不思議な美味しい赤身の刺身。
私はお店のことをどうこう言うつもりではない。美味しい食事が沢山あった。今日はまぐろのあたりでブログを終えるのだが、美味しいものを取り揃えているガード下のお店。
ただ、この赤身の刺身を目の前にし、口にし、まぐろと答えが出ていたにも関わらず、「かつお!」と思いたくなるこの現象が本当に不思議だった。

kouさんも雅さんもリュカさんもkuwachan相当お口が肥えていらっしゃる。
かつおと思った3人:VSまぐろと断言した2人。
なかなか愉快だ。
貝〇さん、お店メニューが豊富で本当に楽しめたお店だった。
ake_i ♪

オロヤ寿司ワイン [フード]

DSCN7930 (450x600).jpg
生協で時々面白いものを見つけて買ってみる。

オロヤの寿司ワイン^^
カタログで見つけた時、「買い!!!」

そして昨日届いた。
DSCN7933 (600x450).jpg

夕食は寿司!じゃなかったのだけれど、飲んでしまった(笑)
ちなみに、夕食はエビ玉とターツァイの炒め物とじゃがいもの煮物といった感じ。
でもね~、この寿司ワイン、お寿司に合うだろうな~と思いながら美味しかったのでリピート決定。

DSCN7940 (600x450).jpg

今朝、空瓶撮影><;
「ごちっ!」
ake_i ♪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。