So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レバンテの特製ローストビーフ [フード]

DSC_2051.JPG

昨夜の夕食に「レバンテ」に行った^^
このレストラン、以前に通ってた時は東京国際フォーラムAブロック地上広場の二階にあった。外の緑も見えて気持ち良く食事が出来た。2020年東京オリンピックの重量挙げ会場にフォーラムAが会場になることから、昨年10月に国際フォーラム地下一階コンコースに移転して、昨日はこの場所に初めて行ってみた。
「レバンテ」とはスペイン語で・・・東方日出る処っていう意味。なんかいい感じでしょ。

私たちはお祝いだったので、ビール。
黒ビールとハーフ&ハーフで乾杯^^

DSC_2060.JPG

「レバンテ」はもともと私の家族が通っていたお店。私は初めて連れられて行ったとき、驚きの美味しさのメニューに虜になってしまって・・・

1947年(家族と同じ生まれ年)、有楽町駅前で大倉喜七郎さんにより創業。以降70年有楽町の発展と共に人々に愛されたお店です。そしてここ大事!日本におけるビアレストランの草分け的存在。へー、そうだったんだ!って今頃しみじみ思った。だってここのビール美味しいんです。
ビールをジョッキに注いだ後に泡をのせる「泡のせ型」が主流の中、レバンテでは一気に勢いよく注ぎ適度な分量の泡を浮かび上がらせる昔ながらの「対流型」で注いでくれます。
炭酸ガスが専用サーバーならではの手法でジョッキ全体にいきわたった切れあるビール!!!
旨かったよーーーー。
昨日はずっと緊張した時間が続いていたので、喉も乾いていたし、ほぼ一気にジョッキを飲んだことは間違いありません。

さてさてお料理。
コンビーフを使ったジャーマンポテト。
DSC_2063.JPG
ドイツ料理のジャーマンポテトにやや近いけど、これも「レバンテ」特製だと思う。美味しいんです。ビールに合う。
もう一品、メインの前にカラマリ(イカフライ)サラダの(大)を頂きました。
DSC_2072.JPG
イカフライと新鮮野菜パリッパリのサラダ。これもパクパクいけます。
周囲のお客さんもほぼこのサラダを注文してました。

メイン料理!
フォーラムA二階にあったときから大ファンの「レバンテの逸品 特製ローストビーフ」。
これは絶対にオーダー。

DSC_2068.JPG
ロースト加減が最高!お肉の旨味も優しい。お肉の厚みも上品だけどボリューム。ソースもセンスよい。添えられた西洋わさびも厳選されてるなーーー。今までいろんなローストビーフを頂いたけど、私はローストビーフはここが一番のお気に入り。そして、ローストビーフを自分で焼くときの目標にしている。なかなか難しいけどね。

このお店は松本清張の「点と線」、他数々の小説の舞台にもなっている。
「レバンテ」に行くようになってから「点と線」をもう一度読もうと思っていながら10年位経っちゃった。そろそろゆっくり一日かけて再読してみようと思った。

いつ行っても美味しいビールとお料理。嬉しい限り。
普段は家でお料理してるけど、時々好きなところに好きな料理を食べに行くのも本当に嬉しい。

あ、このお店では注文するときに「とりあえずビール!」とは自然と口から出ない。絶対にビール!!なのだ。(私はね。)
ローストビーフのお料理がテーブルに運ばれてきたとき、グラスワインの赤をいただいた。

たまーーーーに、こういうご褒美必要ですw

DSC_2073.JPG

ake_i ♪
nice!(27)  コメント(19)